映画『オートマタ』のネタバレ。あらすじと感想も

オートマタ の作品情報

2044年、砂漠化と大気汚染が進み人類は滅亡の危機にさらされる中、労働力として人型ロボット「オートマタ」が日常に浸透していました。

人間との共存ができるよう安全規格(プロトカル)が備わっていたオートマタですが、ある日、ジャックはプロトカルが備わっていないオートマタの存在に気がつきます。

その真相を巡ってジャックは事件に巻き込まれていきます。

【監督】カペ・イバニェス

【脚本】カペ・イバニェス、他

【出演】アントニオ・バンデラス

【原題】Automata

【制作年】2014

【制作国】スペイン、ブルガリア

【配給】コントラコリエンテス・フィルムズ(スペイン)

【上映時間】1時間50

画像:(Facebookオートマタ」より引用)

オートマタ のネタバレ

ネタバレ1,人型ロボット「オートマタ」

2044年の地球、急増した太陽嵐で地表は汚染濃度の高い砂漠と化し、人口は2100万人にまで減少していました。

人類存続の危機の中、ROC(ロック)社は「オートマタ」という人型ロボットを開発し、オートマタに防御壁や人工雲(機械式の雲)を作らせました。

ロボットには2つの安全規格(プロトカル)があります。

1、生物への危害を禁ずる

2、自他の改造を禁ずる

人類をロボットから守るために作られたこのルールは変更不可能です。

大気汚染が蔓延した都市に住むジャック・ヴォーガンは、ROC社で働いています。

日々の暮らしや仕事に疲れ、幼少期に遊んだ海の記憶を時折思い出しては、妻とまもなく産まれてくる娘と共に都市を離れて暮らしたいと願っています。

しかし、かつての海は現在「砂漠」となっており海は存在しません。

ある日、警察から「ロボットが異常を起こした。銃で撃ったのにも関わらず自己修復をしている」と連絡を受けます。

検死官によると、ロボットは高度に改造されており、第2プロトコルが抹消されていたそうです。

ジャックは改造に使われていた部品の手がかりを追って、防御壁の建設現場の職員に話を聞きます。

壁の向こうには広大なスラム街があり、壁は砂漠化防止のためにあると思っていたジャックは驚きます。

盗まれた部品の一部が稼働中のロボットの部品であったと告げられ、ジャックは対象ロボットの後をつけて立ち入り禁止区域(スラム街)に入っていきます。

ロボットを追い詰めますが、そのロボットは証拠を消し去るために自らを燃やしてしまいます。

死んだロボットの中を調べると入ってるはずのない「原子力電池」が見つかりました。

architecture-1868667_640.jpg

画像:(pixabayより引用)

ネタバレ2,オートマタ「クリオ」

ジャックは、誰かが密かにロボットを改造したのではないかと上司に報告します。

上司は、解決したら希望していた都市からの異動を認めるという条件を出し、ジャックはロボットの調査に乗り出します。

その夜、異動を申し出た話を妻にすると「都市よりマシな場所はない」と言われ、言い争いになりました。

次の日、(スラム街)でウォレス刑事と一緒にロボットの改造を行った技師を捜します。

怪しい店にいた、女性の顔をしたロボット「クリオ」を訪ねます。

ウォレスはクリオを撃ち、修理のためにクリオが運ばれている車を追跡して修理工場を突き止めます。

中にいたデュプレ博士は「第2プロトコルが消された場合、ロボットは凄まじい進化をする。プロトコルを変更できるような天才技師は知らない」と言います。

ジャックは博士にロボットの脳「バイオカーネル」を渡して立ち去ります。

その後本社から「調査中止」のもみ消しを命じる指令が届きます。

デュプレ博士からも連絡が入り研究所を訪れると「ジャックが渡したバイオカーネルをクリオに移植した結果、クリオが自己修復を始めた」と報告を受けます。

直後、博士は突然やってきた子供に射殺されてしまいます。

ジャックも追われ、タクシーに乗り込むとなんと運転席にはクリオがいました。

クリオは巧みな運転で追ってくる車を交わしましたたが、車は横転しジャックは気絶してしまいます。

city-1420442_640.jpg

画像:(pixabayより引用)

ネタバレ3,「オートマタ」の真実

気がつくとそこは砂漠で、ロボットに運ばれている最中でした。

ジャックは街に戻ろうとしますが自力で歩ける体力はありません。

ロボットたちは、ジャックを危険な街から遠ざけようとしていたのです。

本社ではジャックはロボット改造の嫌疑をかけられており、上司ボールドはジャックを庇います。

ジャックは車で追ってきたウォレス刑事と再会するも刑事はロボットを次々に破壊、見かねたジャックは刑事を撃ってしまいます。

次の日、ボールドはROC社から「オートマタ」真相を聞きます。

初期型のロボットにはプロトカルを埋め込みませんでした。

するとロボットは自ら学び出し9日目には人間の知能を超えてしまいました。

そこでロボットの知能を制限するために2つのプロトカルを初期型のロボットに作らせたのです。

プロトカルの変更に関与している嫌疑をかけられているジャックは、人類の脅威であるとされてしまいます。

desert-790640_640.jpg

画像:(pixabayより引用)

ネタバレ4,人類との決別

ジャックとクリオ達は、黒幕の技師がいるであろう工場跡にたどり着きました。

しかし、そこにいたのはプロトカルの制約を受けていないオートマタ(ロボット)でした。

「人類の滅亡は自然のサイクルで、これからはロボットが人類を受け継ぐ」オートマタがそのように言うと、ジャックは原子力電池を渡しました。

次の日、クリオ達に別れを告げてジャックは車で街へ向かいますが、その途中ボールドが倒れているのを発見し引き返します。

妻と産まれたばかりの娘がROC社の人間に人質に取られていたのです。

目的は、プロトカルの制約を受けていないオートマタを破壊して一連の騒動を隠蔽することでした。

彼らはオートマタを次々に破壊していきます。

激闘の末ジャックとクリオはなんとか勝利しました。

クリオは、ジャックに別れを告げて谷の向こうへ渡ると女性の仮面を捨てて去って行きました。

ジャックと妻、娘も車で新天地を求めて走り出し、海を見つけるところで物語が終わります。

画像:(「綺麗な壁紙」より引用)

オートマタ 感想

前半は主に都市、後半は砂漠が舞台の作品です。

人間とオートマタの「関係」について注目しながら観て欲しいなと思います。

人類を救う目的でつぐられたはずのオートマタが、最後は人類と決別し自分たちで生きる道を選びます。

クリオが最後、人間につけられた「女性の仮面」を外し、ロボットの姿で去っていく所にその覚悟を感じました。

現在は人間が支配している(この言い方が人間のエゴですが、、)地球、次の支配者がロボットに変わる日もそう遠くないかもしれませんね。

 

オートマタ を観るには

オートマタ を観るにはAmazonPrimeがおすすめです。

追加料金なしで14000本の映画・アニメが見放題

購入したらすぐ観る事が可能

その他、お急ぎ便や100万曲以上が聴き放題など様々な特典付き

などなど便利なサービスとなっているので、ぜひ利用してみて下さい!!!

 

映画『アイ・ロボット』のネタバレ。あらすじと感想も

アイ・ロボット の作品情報

近未来、ロボットが当たり前のように共存する世界が舞台の物語です。

人間が、完璧なロボットを疑わない時代に起こった事件にウィル・スミス演じるスプーナー刑事が立ち向かいます。

ランニング博士の死は自殺なのか、殺人なのか、なぜこのような事件が起きてしまったのか。

最後まで手に汗握る展開に注目です。

【監督】アレックス・プロヤス

【脚本】アキヴァ・ゴールズマン

【出演】ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン

【原題】i, Robot

【制作年】2004年

【制作国】アメリカ合衆国

【配給】20世紀フォックス

【上映時間】1時間45分

画像:ウィル・スミス(「i,ROBOT Facebook 公式」より引用)

アイ・ロボット のネタバレ

ネタバレ1,ロボット「サニー」

1、ロボットは人間を傷つけてはならない。また、人間への危険を見過ごしてはならない。

2、原則1に反しないかぎり、ロボットは人間の命令に従わねばならない。

3、原則1と原則2に反しないかぎり、ロボットは自らを守らねばならない。

2035年のシカゴ、ロボットは人間の生活になくてはならない存在となりました。

食事や洗濯はもちろん日常生活のあらゆる場面でロボットは人間を助けてくれます。

ロボットには「ロボット3原則」と呼ばれるものが組み込まれており、これに従い人間とともに生活をしています。

そんな時代の中、ロボット嫌いのスプーナー刑事は、ロボットメーカー「ロボテック社」の開発者でありロボットの生みの親であるランニング博士が自殺した知らせを受けます。

この事件を捜査することになったスプーナーは過去にランニング博士と関わりを持っていました。

博士はスプーナーにホログラムでメッセージを残していましたが、自殺の謎を解く鍵は見つかりません。

警察は自殺と判断しますが、疑問に思ったスプーナーは研究室の中で「サニー」と名乗るNS-5ロボットに出会います。

スプーナーはサニーを逮捕します。

そこでサニーは、ランニング博士を「父」と呼び、自分は人間のように夢を見ると語りました。

サニーが博士殺しを否定し続けている間にロボテック社がサニーを連れ帰ってしまいました。

さらに今回の事件はロボテック社の圧力により握りつぶされ、自殺として処理されようとしていたのです。

head-3088623_640.png

画像:(pixabayより引用)

ネタバレ2,圧力により狙われるスプーナー刑事

夜、諦めきれないスプーナーはランニング博士の屋敷へ行きますが、屋敷を捜索していると突然解体ロボットが起動し屋敷の破壊を開始しました。

これもロボテック社の圧力ではないかと疑問に思ったスプーナーはすぐにランニング博士の弟子のカルヴィンの元を訪ねます。

カルヴィンにロボテック社の内部捜査を依頼することが目的でしたが、カルヴィンはロボットが人を襲うわけがないと拒否します。

その一方でカルヴィンは敬愛する博士の死を深く悲しんでおり、事件に複雑な心境を抱いていました。

スプーナーが車でトンネルを走っていると突然ロボテック社の大型車両に挟まれ、そこから飛び出してきたNS-5に襲われます。

スプーナーの左腕はある事故が原因でサイボーグ化されておりその力で身は守れたものの、警察が駆けつけた頃には襲われた証拠は全て片付けられていました。

ロボットに襲われたという証言は信じてもらえず、スプーナーは精神を疑われ停職処分を受けます。

画像:ウィル・スミス(「i,ROBOT Facebook 公式」より引用)

ネタバレ3,スプーナー刑事の過去

自宅に戻り左腕の補修をしているとカルヴィンが現れました。

カルヴィンが独自に調査を行った結果、サニーには3原則に背くことができるシステムが備わっていることが判明したといいます。

そしてカルヴィンはスプーナーの左腕の不自然さに気づき、すぐにそれが機械であることを見抜きました。

スプーナーは過去にある交通事故に巻き込まれたことがありました。

スプーナーの車と父娘を乗せた車は川に落ちたものの、スプーナー自身はちょうど通りかかったロボットに助けられました。

ロボットは生存の可能性が高いスプーナーのみを助け、車に閉じ込められ助けを求める少女を救助しなかったのです。

川に沈んでいく少女の苦しそうな姿はいつまでもスプーナーの脳裏に残り、いまだに夢にまで出てくる程でした。

スプーナーのロボット嫌いにはこのような背景があったのでした。

 画像:ウィル・スミス(「i,ROBOT Facebook 公式」より引用)

ネタバレ4,真犯人との最終決戦

その後、博士がサニーを作った理由を確かめるため二人はロボテック社へ行きます。

そこでスプーナーは廃棄処分になるところを匿われたサニーと再開します。

サニーはスプーナーに一枚の絵を描いてみせました。そこには、廃墟の橋、小高い丘に立つ人影、それを見つめる何体ものロボットの姿がありました。

サニーは丘に立つ人影はスプーナーと考えていました。

スプーナーは絵に描かれた廃墟の橋を訪れました。

そこで博士のホログラムを起動させると「ここからの眺めにすべての答えはある」と語り出します。

「3原則は論理的に1つの帰結を導く」「革命だよ」という言葉を残してホログラムは消えてしまいました。

その直後、旧型のロボットたちが何体ものNS-5によって破壊され始めたのです。

シカゴの街でもNS-5は暴走しており、二人はロボテック社へ侵入します。

そこでサニーと合流し社長の部屋へ入ると、社長は殺されていました。

スプーナーは博士の言い残した言葉を推理し、スーパーコンピューターのVIKIが黒幕だと疑います。

VIKIは人間世界を制圧しようとしていたのです。

VIKIの命令を受けたNS-5ロボットに邪魔され戦闘になったものの、3人はなんとかVIKIの破壊に成功しました。

事件は解決しましたが、最後に、ランニング博士を誰が殺したかという疑問が残ります。

実際に殺したのはサニーでした。

サニーはランニング博士に頼まれてやったことと悲しそうに明かしました。

VIKIに監視されていた博士は、自分が死ぬことでVIKIの脅威をスプーナーに気づかせようとしたのです。

スプーナーは、「友達」としてサニーと笑顔で握手を交わしました。

外では、ロボット達が倉庫へ収容されるべく各々動き出します。

サニーも自ら保管庫のある廃墟の橋へと向かいました。

サニーが小高い丘に立つと、NS-5たちは足を止めてサニーを見上げました。サニーが夢で見た光景でした。

 画像:ロボット「サニー」(「i,ROBOT Facebook 公式」より引用)

アイ・ロボット 感想

博士の死から始まり、最後はロボット達との戦闘で終わるというハリウッドらしい豪快なSFアクション映画です。

誰もがロボットの「完璧性」を疑わない時代に起こった事件を扱っており、黒幕はAIでした。

アイ・ロボットの公開は2004年で今から15年以上も前のことです。

科学技術が発展し世の中が便利になる一方で知能を持ちすぎたAIが暴走する、現代社会の「諸刃の剣」を私たちに警告する一種の風刺の一面ももつ作品です。

画像:「綺麗な壁紙」より引用

 

 

アイ・ロボット を観るには

アイ・ロボット を観るにはAmazonPrimeがおすすめです。

追加料金なしで14000本の映画・アニメが見放題

購入したらすぐ観る事が可能

その他、お急ぎ便や100万曲以上が聴き放題など様々な特典付き

などなど便利なサービスとなっているので、ぜひ利用してみて下さい!!!

映画『オブリビオン』のネタバレ。あらすじと感想も

オブリビオンの作品情報

2077年、侵略者との戦争の後、地球は放射能汚染によって住めない土地となってしまいました。

地球に残り警備の任務をするジャックはある日、毎晩夢に出てくる女性と出会います。

その女性との出会いで彼は衝撃の真実を知ることとなります。

【監督】ジョセフ・コシンスキー

【脚本】ジョセフ・コシンスキー

【出演】トム・クルーズ、オルガ・クリレンコ、モーガン・フリーマン

【原題】Oblivion

【制作年】2013年全米公開

【制作国】アメリカ合衆国

【配給】ユニバーサル・ピクチャーズ(アメリカ合衆国)

【上映時間】2時間04

画像:(Facebook「オブリビオン」より引用)

オブリビオンのネタバレ

ネタバレ1,2077年の地球と人類

2077314日、「セキュリティのため」という口実で強制的に記憶を抹消されたジャック(コードネームTech49)は、ヴィクトリアという女性とともにたった2人で地球で暮らしています。

60年前に突如現れた「スカブ」というエイリアンに月が破壊され、侵略戦争となりました。

人類は勝ったものの、核兵器を使ったことで地球は放射能で汚染され住めなくなってしまいます。

生き残った人類は地球を捨て土星の惑星タイタンへの移住計画を進めており、巨大な宇宙管制センター「テット」に住み地球を監視しています。

地球に残っているジャックとヴィクトリアの任務は海水から核エネルギーを利用した再水プラントの警備で、あと2週間の任期を終えればテットへ帰れる予定です。

記憶が抹消されたはずのジャックですが、毎晩会ったことのない女性の夢を見ることに悩んでいました。

ふるさと地球への未練を捨てきれない彼は、その日もプラントを監視するドローンのメンテナンスのため飛び回っていました。

墜落したドローンの回収のため図書館跡に立ち寄ったところをスカブに襲撃されますが、なんとか回避します。

画像:(Facebook「オブリビオン」より引用)

ネタバレ2,ジュリアとの出会い

ある日、謎の宇宙船が墜落します。

ジャックはテットからの待機命令を無視して現場に着陸します。

冬眠用カプセルの中には生存者がおり、ジャックの夢に出てくる女性、ジュリアでした。

NASAのオデッセイ号に乗っていたジュリアは60年間眠っていたのですが、意識が回復するとジャックの名前を口に出します。

夢に出てくるジュリア、彼女は自分を知っている、ジャックは記憶を消される前に彼女と何か縁があったのか、不思議に思います。

宇宙船のフライトレコーダーを回収したいと言うジュリアに、ジャックは同行します。

しかし、そこで再びスカブに襲われ捕まってしまいました。

目を覚ますとそこにはいるはずのない「人間」がいました。

リーダーのマルコムという男は、ジャックに「君は騙されている」と言います。

「スカブ」は人類の生き残りで、宇宙管制センター「テット」こそがが人類の敵だったのです。

ジャックは記憶を書き換えられていましたが、最初からタイタンへの移住計画は存在せず、地球と人類はテットに侵略されていたのです。

その瞬間、アジトがドローンの襲撃を受けます。

ジャックとジュリアは逃れ、ジャックは毎晩夢で見ていた場所にたどり着きます。

そこでジュリアは「私たちは夫婦だ」とジャックに打ち明けると、この場所でかつてジュリアにプロポーズをしたことを思い出します。

その様子を監視していたヴィクトリアがテットに報告すると、ドローンに攻撃されヴィクトリアは亡くなります。

生存者がいる区域に向かうとジャックと全く同じ姿の「Tech52」と書いてある服を着た男がいました。

その男と戦っている最中に負傷したジュリアを助けるために別のタワー(ジャックとヴィクトリアが住んでいたタワーと全く同じ形をしている)へ行くと、別のヴィクトリアがいました。

画像:(Facebook「オブリビオン」より引用)

ネタバレ3,ジャック・ハーパーの正体

マルコム達の元へ戻ると、ジャックは衝撃の真実を聞かされました。

60年前、宇宙飛行士だったジャック達は突然月を破壊した「テット」の調査中にエイリアンに捕らわれ、クローンとして大量生産されて自ら人類を抹殺していたのです。

囚われる直前にジュリアたちを逃がしていたため、ジュリアは60年間宇宙を漂流した後ジャックと再会できました。

全ての真実を知ったジャックは、残された人類と地球を守るために核弾頭を持って「テット」に乗り込むことを決めます。

「テット」から生存者を連行するよう指令を受けたことを利用して乗り込みます。

向かう途中フライトレコーダーの音声を聞き、ジャックとヴィクトリアが捕まった経緯を知ります。

テットの内部に入ると大量のジャックとヴィクトリアのクローンを目にします。

ジュリアのカプセルを開けると、中に入っていたのはマルコムでした。

ジャックはジュリアを逃がしていたのです。

ジャックとマルコムは核弾頭を起動させ、テットは大爆発と共に破壊されました。

3年後、ジュリアは子供と森の奥の家で暮らしていました。

そこにジャック(Tech52)が現れ、2人は微笑み合います。

そんなジャックの語りで物語は終わります。

「僕はジャック・ハーパー。我が家に戻った。」

画像:(pixabayより引用)

オブリビオン 感想

「オブリビオン」とは、「忘れ(られ)ていること・忘却」という意味で、内容にぴったりのタイトルですね。

主人公は地球のために戦っているのだという使命感を持っていましたが、現実は自分は侵略者側でした。

全てを知ったジャックは、最後には自分を犠牲にして自らテットに飛び込んでいき地球を守ります。

物語の前半と後半で「敵」と「味方」が入れ替わるという展開は新鮮でとても見応えがありました。

一方で、Tech49のジャックは死亡しラストシーンではTech52のジャックがジュリアの前で現れます。

姿は一緒でも中身は違う、、これをハッピーエンドと言って良いのか、少しひっかかるラストでした。

画像:左からトム・クルーズ、オルガ・クリレンコ、ジョセフ・コシンスキー監督(Facebook「オブリビオン」より引用)

オブリビオン を観るには

オブリビオン を観るにはAmazonPrimeがおすすめです。

追加料金なしで14000本の映画・アニメが見放題

購入したらすぐ観る事が可能

その他、お急ぎ便や100万曲以上が聴き放題など様々な特典付き

などなど便利なサービスとなっているので、ぜひ利用してみて下さい!!!