映画『トータル・リコール(2012)』のネタバレ。あらすじと感想も

トータル・リコール(2012)の作品情報

地球は化学戦争によって荒廃し、人類は富裕層の暮らす「UFB」と労働者が暮らす「コロニー」に分かれて住んでいます。

コロニーで暮らす労働者ダグラスは、平坦な毎日に退屈し、記憶を売る「リコール社」を訪れました。

すると突然警官隊に襲われ、コロニーの将来を左右する事件に巻き込まれていきます。

本当の自分を探しながら戦うダグラスは最後、何を守ることを選ぶのでしょうか。

Total Recall (2012) on IMDb

【監督】レン・ワイズマン

【脚本】ロナルド・シャセット、他

【出演】コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセール、ジェシカ・ビール、他

【原題】Total Recall

【制作年】2012

【制作国】アメリカ合衆国

【配給】コロンビア映画

【上映時間】1時間58

S__59170821

画像:(Facebook「トータル・リコール」より引用)

トータル・リコール(2012)のネタバレ

ネタバレ1,労働者ダグラス

化学戦争によって地球は荒廃し、人類が居住できる区域は「UFB(ブリテン連邦)」と「コロニー」のみとなりました。

コロニー市民は、UFBとコロニーを結ぶ超巨大なエレベーター「フォール」と呼ばれる乗り物を使ってUFBまで働きに行っています。

コロニーに住むダグラスは工場の作業員として、妻のローリーは救急隊員として毎日フォールを使ってUFBまで通勤しています。

そんなダグラスは毎晩、何者かに追われ知らない女性と逃亡する夢にうなされていました。

富裕層が暮らすUFBは、コロニーのUFBからの独立を目指すレジスタンスのリーダー、マサイアスによる爆破テロが頻発しています。

その右腕である指名手配犯カール・ハウザーの行方と共に連日のトップニュースとなっていました。

そのためUFBの指導者コーヘーゲンは、コロニーに対する圧政を少しずつ強めようとしています。

S__59170820

画像:(pixabayより引用)

ネタバレ2,偽りの記憶

平坦な日常にうんざりしているダグラスはその日もフォールを使って工場へ出勤します。

出勤中に見つけた、記憶を提供している「リコール社」の広告に興味をもちますが「脳障害になるぞ」と同僚のハリーに忠告されます。

一連の話を聞いていた工場の新人社員に「リコール社で『マック』を指名しな」と勧められ、リコール社を訪ねました。

ダグラスが椅子に座って脳内を調べられていると、突然武装した警官隊の奇襲に遭います。

しかし、彼は無意識のうちに彼らから銃を奪い警官隊を返り討ちにしていました。

何とか帰宅するとそのことがすぐにニュースで報じられていましたが、自分でも状況が全くわからずパニック状態です。

妻ローリーに「この銃撃戦は自分がやった」と打ち明けると今度はローリーに襲撃されます。

ローリーは今までダグラスの記憶を操作して妻を演じており、その正体はUFBの諜報員だったのです。

ローリーの襲撃を逃れたダグラスですが、右手に埋め込まれた携帯電話から着信がありました。

通話相手のハモンドに言われた通りUFBの貸金庫を訪れます。

そこにはパスポートや身分証が入っていました。

さらにダグラス自身が動画に登場し、この動画を見たら自分のアパートに向かうよう言われました。

S__59170823

画像:(Facebook「トータル・リコール」より引用)

ネタバレ3,ダグラスの正体

UFBでもダグラスはローリー率いる警官隊にに追われていました。

すると、毎晩夢に出てくる女性メリーナが現れ、手助けをしてくれます。

アパートへ着くと衝撃の事実が判明します。

ダグラスの正体は指名手配中のカール・ハウザーであり、マサイアスの支持によってコーヘイゲンを抹殺するためにコロニーへ送り込まれたのです。

そして一連のテロ事件の首謀者はマサイアスではなく、コーヘイゲンの自作自演でした。

コーヘーゲンの目的は、コロニーのレジスタンスによるテロ攻撃を口実にコロニーを一掃することです。

2人は建物をローリーら警官隊に包囲されますが何とかその場を逃れ、マサイアスを探します。

S__59170820

画像:(pixabayより引用)

ネタバレ4,UFBとの戦い

UFBでもコロニーでもない「危険地帯」に基地を作っていたマサイアスと再開したダグラスは、脳内の記憶を取り出そうと椅子に座ります。

しかしその直後、コーヘーゲンやローリーに再び襲われます。

全ては、レジスタンスの基地の場所を特定するための罠だったのです。

マサイアスを始め多くの仲間は殺されるものの、ダグラスは何とか生き残りました。

そして、ダグラスはUFBとレジスタンスの二重スパイだった事実を突きつけられますが、レジスタンス側につくことを選びます。

フォールにロボットを大量に送り込んでコロニー住民の抹殺を目論むコーヘーゲンを阻止するため、ダグラスはフォールの破壊を目指します。

メリーナと協力もありダグラスは時限爆弾を破壊させることに成功、コーヘーゲンに勝利しました。

目を覚ましたダグラスは、メリーナに変装したローリーと最後の対決をします。

元妻ローリーを倒し外へ出ると、崩壊したフォールとコロニー住民の歓喜が目に飛び込んできました。

コロニーはUFBからの独立を勝ち取りました。

ダグラスとメリーナは抱き合います。

S__59170822

画像:(Facebook「トータル・リコール」より引用)

トータル・リコール(2012)感想

かつて、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画「トータル・リコール」のリメイク版です。

かつての記憶が書き換えられて暮らしていた主人公はリコール社を訪れたことがきっかけで、自分が何者なのか疑いながら戦います。

本当の彼は「二重スパイ」でした。

UFB側について戦うか、それとも記憶を書き換えられた後に過ごしたコロニーのために戦うかを迫られましたが、最終的にコロニーの将来のために命をかけて戦いました。

「格差」を巡る社会的な問題がテーマであるのと同時に、「本当の自分」をどこに見出すかをテーマにした作品です。

最後まで読めない展開が魅力的だなと感じました。

トータル・リコール(2012) を観るには

トータル・リコール(2012)を観るにはAmazonPrimeがおすすめです。

追加料金なしで14000本の映画・アニメが見放題

購入したらすぐ観る事が可能

その他、お急ぎ便や100万曲以上が聴き放題など様々な特典付き

などなど便利なサービスとなっているので、ぜひ利用してみて下さい!!!