映画『メン・イン・ブラック2』 のネタバレ。あらすじと感想も

メン・イン・ブラック2 の作品情報

前作から5年、エージェントJ(ウィル・スミス)は今日も地球上のエイリアンを監視しています。

そこへ蛇のエイリアン、サーリーナが25年前に奪えなかった「ザルタの光」を奪いにやってきます。

サーリーナから地球を守るため当時を知るエージェントK(トミー・リー・ジョーンズ)を連れ戻し、5年ぶりにあのコンビが復活します。

2人は今回も「地球の危機」を救えるのでしょうか。

【監督】バリー・ソネンフェルド

【脚本】バリー・ファナド、ロバート・ゴードン

【製作総指揮】スティーブン・スピルバーグ

【出演】トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミス 他

【原題】Men in Black

【製作年】2002

【製作国】アメリカ合衆国

【配給】コロムビア映画

【上映時間】1時間28

【前作】メン・イン・ブラック

画像:(公式DVDより引用)

メン・イン・ブラック2 のネタバレ

ネタバレ1,地球の危機

1978年、地球に住むエイリアンを監視する秘密組織「MIB(メン・イン・ブラック)」のエージェントのところに、ザルタ星人が地球にやってきました。

「ザルタの光」を狙うカイロシアン星人のサーリーナというエイリアンから逃れるためで、光を奪われることはザルタ星人の滅亡に繋がります。

王女ロラーナから「ザルタの光」を託されますが、それに関与すれば今度は地球が狙われてしまいます。

そこで、サーリーナを捕まえて時間を稼ぎ、その間にザルタ星人を地球外へ逃がすことで地球とザルタ星人を守りました。

画像:ウィル・スミス(WikimediaCommonsより引用)

ネタバレ2,サーリーナの再来

2002年、サーリーナが「ザルタの光」を手に入れるため再び地球に現れ、モデルの女性の姿に変装して街へ向かって行きます。

現在のNYでは5年目を迎えたエージェントJが活躍、今日もエイリアンの取締りをしています。

相棒の「エージェントT」は、巨大なミミズ型のエイリアンとの交渉に失敗し、Jによって事態は収まったもののTは記憶を消され引退しました。

犬の格好をしたエイリアン「フランク」が新たな相棒となります。

その頃、サーリーナはザルタ星人のピザ屋の店長を殺害、Jとフランクは店の中に隠れていた店員ローラに話を聞きました。

ローラに好意を持ったJは記憶を消さずに本部へ戻ります。

Jの報告を受け上司のZは、サーリーナが探す「ザルタの光」の在処を知っている当時のエージェントを呼び戻すよう命じます。

5年前引退し郵便局員となった「エージェントK」のことです。

画像:トミー・リー・ジョーンズ(WikimediaCommonsより引用)

ネタバレ3,エージェントKの記憶

Kは一般人として過ごしているためエージェント時代の記憶はありません。

しかし、サーリーナに見つかれば命の危険があります。

JはひとまずKを連れ出すことに成功、Kの記憶を復元するためにMIB本部へ向かいます。

しかし、サーリーナがMIB本部を占拠し職員たちが人質となってしまいました。

JKはなんとか脱出し、ピザ屋から解決へのヒントを探します。

Kはエージェント時代、このような事態に備えて手掛かりを残していたのです。

Kは「ザルタの光」の記憶を取り戻し、ピザ屋の店員ローラがつけているブレスレットが鍵だと突き止めます。

しかし、ローラはサーリーナ達によって捕まってしまいました。

2人はMIB本部に乗り込み、ローラを救出しサーリーナとその部下達を倒すことに成功したのです。

gun-166508_640.jpg

イメージ画像:(pixabayより引用)

ネタバレ4,ローラの真実

ブレスレットはザルタ星へ変えるための道しるべとなる出発点を示していました。

ピザ屋のロゴからヒントを得て出発点に向かいますが、倒したはずだったサーリーナに再び狙われます。

なんとか追撃を振り切って出発点に着くと、Kは「ロラーナの娘であるローラ自身がザルタの光だ」と告げます。

「ザルタの光」を地球外に逃したように思われていましたが、実はKは地球に隠していたのです。

サーリーナは最後の力を振り絞ってJK、ローラに襲いかかってきますが銃でサーリーナを撃破します。

そして、ザルタ星の王女だと判明したローラは、隠されていた宇宙船に乗って故郷のザルタ星へと帰ってゆくのでした。

NY中の人々の記憶を消すためにKがスイッチを押すと、自由の女神の先端から光が放たれました。

andromeda-galaxy-755442_640.jpg

イメージ画像:(pixabayより引用)

メン・イン・ブラック2 感想

前作同様、コメディー要素もありながらド派手なアクションシーンが魅力的で、「考えずにも楽しめる」作品です。

記憶が消されながらもなんとなくエージェント時代の感覚を取り戻していくKと、前作とは異なり余裕をもって敵と闘う頼もしいJが描かれています。

ローラの記憶をすぐに消さなかったJに、Kは「規約違反だ」と言いますが、ロラーナに個人的な感情を抱いて「ザルタの光=ローラ」を地球に隠したかつての自分を重ね合わせました。冒頭の伏線がしっかりと回収されています。

また、MIBの職員としてマイケル・ジャクソンが特別出演しているシーンもあるのでそこにも注目です。

画像:(pixabayより引用)

メン・イン・ブラック2 を観るには

メン・イン・ブラック2 は、UnextAmazonPrimeで観る事ができます!

Unextでは、

1.見放題動画 140,000 本、動画レンタル 30,000 本を配信中。(2019 12 月時点)

2.U-NEXT の「31 日間無料トライアル登録」の特典として、下記を付与。

・月額プラン 1,990 円が 31 日間無料

600 円分の U-NEXT ポイントをプレゼント 上記特典を利用することで、見放題作品 140,000 本を 31 日間無料でご視聴が可能。

3.「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXT ポイントを使って視聴できる作品となり、1 ポイント 1 円(税込)相当として利用可能。 無料トライアル期間中もポイントの不足分は有料となりますので、ご注意ください。

となっています!〇〇を観るには一番オススメです!

メン・イン・ブラック2 AmazonPrimeでも観る事ができます。

AmazonPrimeでは、

①追加料金なしで14000本の映画・アニメが見放題

②年会費3,900円。月額にすると325円なので見放題サービスの中でもかなりの低価格

③その他、お急ぎ便や100万曲以上が聴き放題など様々な特典付き

などなど便利なサービスとなっており、Amazonを良く利用する方はAmazonPrimeに登録するのもアリかもしれません。

映画『メン・イン・ブラック』のネタバレ。あらすじと感想も

メン・イン・ブラック の作品情報

地球に住むエイリアンを監視する秘密機関「MIB(メン・イン・ブラック」。

トミー・リー・ジョーンズ演じるベテランエージェント「K」と、「アイ・ロボット」などで知られるウィル・スミス演じる新米エージェント「J」は、今日も地球に訪れた危機に立ち向かいます」。

相手は巨大昆虫「バグ」。果たして、2人は地球を守れるのでしょうか。

【監督】バリー・ソネンフェルド

【脚本】エド・ソロモン

【プロデューサー】スティーブン・スピルバーグ

【出演】トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミス 他

【原題】Men in Black

【制作年】1997

【制作国】アメリカ合衆国

【配給】コロムビア映画

【上映時間】1時間38

*アカデミー賞受賞作品

画像:公式DVDより引用

メン・イン・ブラック のネタバレ

ネタバレ1,メン・イン・ブラック

地球上に住むエイリアンの監視をしている政府の秘密組織「MIB(メン・イン・ブラック)」に所属する2人のエージェントが、不法入国者の取り締まり現場に現れます。

不法入国者に紛れて変装したエイリアンに襲われるも、なんとか2人はエイリアンを撃破します。

ところが、そのうちの1人が衰えを感じ引退し、エージェントKは後任を探すこととなります。

一方、NY市警のジェームズは逃亡犯をビルの屋上まで追い詰めますが、確保まであと一歩のところで飛び降り自殺をされてしまいます。

ジェームズは犯人が「垂直方向」にまばたきをしたことから「あいつはエイリアンだ」と言いますが、検死官ローレル以外には誰にも信じてもらえません。

その後、エージェントKが目の前に現れ赤い光を浴びせます(「ニューラライザー」という記憶を消す装置です)。

ジェームズをMIBへスカウトしにやって来たのです。

アメリカ国内の陸海空軍のエリートたちが集まる中、見事その試験をパスしジェームズは過去の経歴やデータを抹消され「エージェントJ」となりました。

画像:ウィル・スミス(Facebook「ソニー・ピクチャーズ エンターテインメント」より引用)

ネタバレ2,謎の宇宙船

KJは、宇宙船が地球に無断で侵入したとされる現場(宇宙船の墜落現場)に向かいます。

調査の結果、侵入したのは凶悪な昆虫型エイリアン「バグ」でした。

バグは近くの人間を襲った後「その皮」を被って変装し、NYのローゼンバーグという宝石商を殺します。

ローゼンバーグはある惑星の王(つまりエイリアンです)で、バグは彼が持っている「銀河」を探していました。

殺されたローゼンバーグとその部下の死体をみた検視官ローレルは、「臓器がない」がないことに驚きます。

同じ頃KJも遺体安置所へ駆けつけました。

ローゼンバーグの人間の変装の内部には瀕死のエイリアンがおり、「銀河はオリオンのベルト」と言い残して死んでいきました。

このメッセージの意味を解読するため、ひとまず2人はローレルの記憶を消してMIBの本部へと向かいました。

ufo-1448947_640.jpg

イメージ画像:(pixabayより引用)

ネタバレ3,「銀河」の行方

本部では王が殺されたアルキリアン星から「銀河を返さなければ地球を破壊する」と警告がありました。

KJは、バグを捕まえようとローゼンバーグの家へ向かいそこでバグと銃撃戦になります。

取り逃してしまった2人が次に訪ねたのは犬の格好をしたエイリアン、フランクです。

情報通のフランクから「ローゼンバーグの犬の名前がオリオンだ」というヒントを貰い、オリオンの首輪についていたビー玉状のものが「銀河」であるとわかります。

オリオンがいる遺体安置所に2人が着いた頃、バグも同じことに気がつきローレルを人質として連れ去ってしまいました。

バグは、万博跡地にオブジェとして飾られていた円盤型の宇宙船で地球を脱出しようとしていたのです。

background-image-2399548_640.jpg

イメージ画像:(pixabayより引用)

ネタバレ4,最後の任務

アルキリアン星との約束の期限が1時間を切る中、KJは宇宙船へ乗ろうとするバグを見つけます。

人間の皮を脱いで巨大な昆虫の姿となったバグとの闘いに苦戦しましたが、なんとか勝利し銀河を取り戻します。

事件は解決しますが、KJに「俺の記憶を消してくれ」と頼みます。

Jは従い、KMIBのエージェントを引退しました。

後日、Jは「35年間の昏睡状態から回復し恋人の元へ」という見出しの新聞を目にしました。

Kはかつての郵便局員に戻ったのです。

一方のローレルは「エージェントL」としてJの新しいパートナーとなりました。

画像:トミー・リー・ジョーンズ(Facebook「ソニー・ピクチャーズ エンターテインメント」より引用)

メン・イン・ブラック の感想

痛快なアクション映画で観ていて気持ちの良い作品です。

信じがたい設定ながらも、そこには中身のあるストーリーがあり、そして作中にちょくちょく出てくるブラックジョークも見応えがあります。

エージェントは今までの人生の一切の記憶が消されます。

そこで出てくるのが「ニューラライザー」です。

地球の危機を救いますが誰からも感謝されないどころか、存在すら気づいてもらえません。

作中でエージェントKが「15分前まで君はエイリアンの存在を信じなかった」と発言します。

確かに、私たちは人間は「目に見えるもの、記録・記憶が残っているもの」しか信じませんよね。

そんなことも考えさせられる作でした。

果たして「MIB」は実在するのでしょか。それは誰にもわかりません。もしかしたら、あなたも昨日までエージェントだったかもしれません。

画像:(Facebook「ソニー・ピクチャーズ エンターテインメント」より引用)

メン・イン・ブラック を観るには

メン・イン・ブラックを観るにはAmazonPrimeがおすすめです。

追加料金なしで14000本の映画・アニメが見放題

購入したらすぐ観る事が可能

その他、見放題以外にもお急ぎ便や100万曲以上が聴き放題など様々な特典付き

などなど便利なサービスとなっているので、ぜひ利用してみて下さい!!!